水谷丰

  • 原文名水谷 豊
  • 国籍 日本
  • 民族大和民族
  • 出生(1952-07-14) 1952年7月14日(65岁) 日本・北海道空知郡芦别町(现:芦别市)
  • 职业演员、歌手
  • 语言日语
  • 母校东京都立代代木高中
  • 配偶伊藤兰(1989年结婚)
  • 儿女2
  • 出道地点 日本
  • 代表作品,ドラマ,『伤だらけの天使』,『热中时代シリーズ』,『刑事贵族シリーズ』,『相棒シリーズ』,『探侦 左文字进シリーズ』,映画,『青春の杀人者』,『相棒 -剧场版- 絶体絶命! 42.195km 东京ビッグシティマラソン』,『相棒 -剧场版II- 警视庁占拠! 特命系の一番长い夜』,音楽,『カリフォルニア・コネクション』
  • 活跃年代1965年至今
  • 经纪公司株式会社トライサム

水谷丰(日语:水谷豊みずたに ゆたか,(1952年07月14日),是日本演员及歌手,北海道空知郡芦别町(现:芦别市)出身。身长168cm、体重60kg、血液型はA型。トライサム所属,1968年出道。

出身于北海道,四个兄弟中最年轻的孩子,13岁加入儿童剧团,北海道芦别市野花南、小平町达布など炭鉱街を炭鉱技师(出典不明)の父亲の転勤に伴い転々とし、东京都立川市で育つ。大成高等学校(三鹰市)卒业。

少年时代に白黒テレビを见て「この小さな箱がどうやって映るんだろう。いつかこの小さな箱に入ってみせるぞ」と考え、これが演剧の世界に入る远因となったとしている。だが、少年时代は演剧などよりも大鹏の土俵入りの流丽さにあこがれ、相扑の力士になりたかった、という。

1965年、13歳のとき演剧に兴味を持ち剧団ひまわりへ入団する。1968年、フジテレビの『バンパイヤ』のオーディションを受けデビューしたと同时に主役に抜擢される。第一话では原作者・手冢治虫との共演を果たしている。

高校入学后に自分にはもっと合った世界があると思っていたことと、大学受験も考えていたため一度芝居を辞めた。その后、东京商船大学(现东京海洋大学海洋工学部)受験に失败し、働きながら浪人生活を始めるが、あるときに「こんなことやっていてもいいのか?」という気持ちに强烈に袭われ、「来年もう一度受けるといってもそれまで自分のこの状态じゃ持たない」と思い発作的に2ヶ月ほど家出をした。その际、はじめは行くあてもなかったため、家の近所の公园の滑り台の上で野宿していたという。その后、子役时代から知己のプロデューサーから「もう一度役者をやらないか」と诱われ、アルバイト感覚で役者の世界に戻った。

1970年『その人は女教师』(共演:岩下志麻)で映画デビューを果たす。

1972年7月スタートの日本テレビのドラマ『太阳にほえろ!』第1回に犯人役で出演している(日本テレビの思惑で基础からしっかりとした演技が出来る者を共演させ补う为に抜擢された、松田优作の际にも同様の理由で出演)。

1974年10月、日本テレビのドラマ『伤だらけの天使』に出演。深作欣二ら名だたる映画监督が演出したものの、当时は视聴率が伸び悩んだ。しかし视聴者からは当初より高く评価され、放送终了后も「名作」としての地位を得ており、DVD化されている。后に、主演の萩原健一に対して「兄贵ぃー!」と唿び挂けるセリフをとんねるずらがモノマネしたことなどから、放送当时を知らない若者にも知られるようになった。この作品で初めてコンビを组んだ萩原を永远の兄贵だと语っている。この作品で共演した岸田森に「豊には见ている人にその役が素だと思わせるような役者になってほしい。豊はそれが出来るやつだと思っている」と助言をされ、その言叶を今も大切に思っている。

1975年の映画『东京湾炎上』では、脚本を読んで予定の役柄とは逆の立场のテロリスト役を志愿した。同じ日本人でありながら、大义のために日本人を追いつめる役を演じた。1976年にはATG映画『青春の杀人者』でキネマ旬报赏主演男优赏を最年少で受赏するなど、早くから演技力の高さが评価されていた。

1977年「はーばーらいと」(作词:松本隆、作曲:井上阳水)で歌手デビュー。「表参道软派ストリート」(作词:阿木燿子、作曲:宇崎竜童)や「カリフォルニア・コネクション」(作词:阿木燿子、作曲:平尾昌晃)をヒットさせる。

同年の『赤い激流』でピアニスト役を演じた。35万円でピアノを购入し、全くの素人だったが勐练习の末、4日目にはエリーゼのためにを全曲弾けるようになりピアノの先生に惊かれた事を自慢としている。『赤い激流』で「英雄ポロネーズ」を弾いたが、『相棒』シーズン3第15话「杀しのピアノ」(2005年)で再び同じ曲を弾く场面を演じる事となった。

1978年10月、最高视聴率46.7%をたたき出したという伝説のドラマ『热中时代(教师编)』の主演で大ブレイク、视聴率の取れるTV界のスターとなり、それまで根付いていたアウトロー的なイメージを払拭させた。主人公北野広大のキャラクターが「理想の教师像」として社会现象となったり、特徴的な讹りのある口调が流行となるなど、一気にファンの幅を広げた。この人気を受けて『热中时代』のタイトルだけを継承し、设定を一新した『热中时代(刑事编)』もその后放送された。更に『教师编』は后に続编が1作、単発の2时间スペシャルドラマが3本作られた。后に共演する寺脇康文は『热中时代』の时のモノマネが得意なほどの水谷ファン。

1986年の「Unlimited Night Concert」を最后に音楽活动を休止。水谷曰く「芝居の台词と违って、决められたリズムの中で歌わなければいけない音楽の世界では歌の主人公のイメージが充分表现しきれていない。しかし、コンサート会场はいつもいっぱいでそんな现実と自分の想いのギャップに违和感を覚えていた」とのこと。

近年は『相棒』などのレギュラードラマや2时间ドラマ(『地方记者・立花阳介』、『探侦 左文字进』など)もシリーズ化されるなど、今なお、幅広い层から支持を受けている。

2008年3月、22年ぶりに音楽活动を再开。5月14日には代表曲「カリフォルニア・コネクション」などを中心にカバーしたアルバム『TIME CAPSULE』を発売した。「若い顷の歌なのに、55歳という年齢になってようやく歌の世界がイメージできるようになってきた」と自身が语っている。同アルバムはオリコンランキング・初登场2位を记録する大ヒットとなった。また、2008年5月18日にはラゾーナ川崎PLAZAルーファ広场グランドステージで『TIME CAPSULE』発売记念イベントが开催され、トークのほか「カリフォルニア・コネクション」「やさしさ纸芝居」「何んて优しい时代」の3曲を歌い、22年のブランクを感じさせない歌声を披露した。会场は约1万人のファンで5阶テラスまで埋め尽くされ、観客の中には水谷本人からの意向により、『热中时代』先生编第1シリーズで主题歌「ぼくの先生はフィーバー」を歌い、第10话にゲスト出演した原田润が招待されている。これらの模様は翌日、各局の芸能ニュースでも放送された。

2008年5月10日、『相棒』においての演技が评価され同じく主演を务める寺脇と共に第16回桥田赏俳优部门を受赏した。

2008年11月25日、第59回NHK红白歌合戦に初出场が决定する。発表の席には欠席したがVTRで登场。当たり役でもある杉下右京を髣髴とさせる演技を交えながらコメントを述べた。

2008年12月10日平成20年度の『ゆうもあ大赏』(理事长 大村崑)を受赏し、副赏の「舞昆」の京风おせちを受け取ると「正月に兰さんといただきます」と、照れながら受赏コメントを述べた。

2009年6月25日 - 7月19日、23年ぶりとなるコンサートツアー『水谷豊コンサート TIME CAPSULE ツアー 2009』を开催。厚木市文化会馆を皮切りにファイナルの东京厚生年金会馆まで10都市13公演を行った。

2009年9月12日に放送されたスペシャルドラマ『だましゑ歌麿』で17年ぶりに时代剧に出演したが、水谷は「周囲から『时代剧と戦争物は似合わない』と思われているんじゃないかと思っていた」という。その后、好评を博した本作は続编が制作され、2012年9月15日に第2作、2013年7月27日に第3作が放送された。

2009年1月27日深夜、自宅で半开きのドアに额をぶつけて出血。自力で自宅近くの病院に直行し患部を7、8缝う事态となったが、撮影スケジュールに支障をきたすことなく大事には至らなかった。

2011年4月27日、第139回直木赏候补にもなった荻原浩の家族小説『爱しの座敷わらし』の映画化と、主人公の高桥晃一役を演じることが発表された。监督は『相棒』シリーズの和泉圣治。映画への単独主演は1983年公开の『逃がれの街』以来29年ぶりとなる。原作を気に入った水谷が和泉に映画化企画を打诊し、快诺を得たことで実现した。撮影スタッフの大半は『相棒』チームで构成されており、「いつも通り」だったという。

2011年、第24回日本メガネベストドレッサー赏芸能界部门を受赏。

2012年3月8日、ミリオンセラーを记録した妹尾河童初の自伝的长编小説「少年H」の映画化が発表され、この作品で水谷と妻の伊藤兰がテレビドラマ『事件记者チャボ!』以来、28年ぶりに共演することと、结婚后初の夫妇共演にして夫妇役を务めることが併せて発表された。

2017年公开予定の映画『TAP THE LAST SHOW』で初めて监督を务める。